テニス肘の治療方法やリハビリをご紹介

テニスTOP カートの中身をみる 




※ショッピングカートよりご注文頂けます

※ショッピングカートよりご注文頂けます

テニス肘の治療方法



病院でのテニス肘の治療はほとんどが保存療法(安静)です。スポーツ障害に力を入れている病院であれば復帰までの段階的なリハビリメニューを組んでくれますが、一般の病院ではそうはいきません。湿布を渡され当面テニスは休んでくださいと言われることが多いと思います。プレー再開までの段階的なリハビリメニューを組み実行する事が(再発を防止するうえでも)大事です。


テニス肘の治療方針

テニス肘の治療方針・・・


自分でできること〜自己リハビリメニュー〜

  
当院のテニス肘を克服するためのリハビリメニュー】

安静後痛みがなくなったので、テニスを再びしたら再発せずにプレーできるでしょうか。スポーツ障害において痛みがでてしまうのには必ず理由があります。例えば、フォームに問題があり肘への負担が大きい事や特定の筋力不足による痛みが発生するなど原因は様々あります。その理由を除去しないまま同じようにプレーを続けても、痛みが再発しないでしょうか??痛めたからと言って、何もしないままほおっておいていけません。

ぜひ積極的に自分でできるリハビリメニューを行い、テニス肘を克服しましょう。自分でできることを正しい知識で行って下さい。当院のテニス肘を克服するリハビリメニューはこちら


テニス肘 急性期の対処方法

テニス肘 急性期の対処方法・・・・痛めてしまった場合は早急に処置を行ってください。
分かりやすいよう簡単に説明します

@痛みを感じたら、プレーを中止する
A冷やす・・・氷で冷やす(アイシング20分・休憩10分を症状に応じて1〜3セット)
B動かさない・温めない(慢性期の場合は逆に温めたほうが良いです)


どの医療機関にかかるか?

一番はスポーツ障害(特にテニス)に力を入れている医療機関が良いでしょう。ですがなかなか、近くになかったり、どこがスポーツ障害に力を入れているのか分からない事が多く、よく患者さんに聞かれる質問なのですが難しい問題です。ですので、まずは病院等で診察・検査を受けることをおすすめします。特に重症の場合(詳しくはテニス肘の症状のページ参照)はすぐに病院に行ってください。接骨院(整骨院)や鍼灸治療院に通っている方も多いと思いますが、診断できるのは病院でしかないからです。接骨院・整骨院は病院ではありません。ただし、病院の検査・診察で軟骨や靱帯に異常がない場合など軽傷の方は、スポーツ障害に力をいれている整骨院や接骨院、鍼灸院近くにあればそちらが良いと思います。
(※近くにスポーツ障害専門の医療機関がない方がほとんどだと思います、そういった方たちのために当院がプレー再開までのリハビリメニュー作成しました。)



【テニス肘の症状】もっと詳しく

テニス肘の詳しい症状に関してはこちら。

【テニス肘の原因】もっと詳しく

テニス肘の詳しい原因に関してはこちら。

【テニス肘のリハビリメニュー】もっと詳しく

テニス肘に関するストレッチやリハビリ方法など。